カテゴリ日記の記事

17年越しの片思い"❤"

 
当時彼女は26歳。3つ年上の彼とお付き合いしていたそうです。
彼は商社営業マン。親の会社とは別会社を立ち上げるのが将来の夢。
二人での時間は いつも穏やかで仲睦まじく 彼女は彼の夢を聞くのが大好きだったそうです。
夢… というより すでに目標。
 
ある日、26歳の半分が終わろうとしていた彼女に
忘れられないプレゼントが …   彼からのプロポーズ。
世間では適齢期の彼女。優しく頑張りやで芯の通った彼のプロポーズを断る理由なんて何もありません。
ですが 当時の彼女は自分に自信が持てず 色んなことを悩み考えたそうです。
子供が誕生し 親としての責任を果たし きちんとした子供に育てられるのか。
何かトラブルがあった時精神的に乗り越えられるのか。何より一生彼と添い遂げられるくらいの 人として 女性として通用するのか……。悩んだ末、彼女は自分の思いを包み隠さず 彼に伝えたそうです。
彼は優しく微笑みながら
『君には人一倍の 覚悟 が必要なんだね。
いいよ! 時間はたっぷりある。二人でゆっくり歩いて行こう! 』と言ってくれたそうです。
 
でも、残念ながら二人の時間は そうたっぷりではありませんでした。
彼は出張先で かえらぬ人となったのです…。
連絡が取れない事が不安な彼女のもとへ 訃報が届いたのは3日後。
実家の住所も詳しく聞いていなかった彼女は 最後のお別れもできなかったそうです。
 
現実を受け入れたくなかったのか..... 思い出すことすら苦しかったのか..... 
それからの彼女は一度たりとも 彼とのことで涙を流すことはありませんでした。
ただ、淡々と自分のできる生き方を必死でしてきたそうです。
時々 夢で出会える彼の笑顔が心の支え..... 
 
時は流れ、日常の忙しさに気もまぎれ 次第に彼の夢も見なくなって数年。
先日 本当に久しぶりに彼が夢に現れたそうです。
今までにない優しい微笑みで彼女を じ~~~っと見つめ
『覚悟ができたら 幸せになることを考えなさい。』と静かに告げると
.:*。.*#:・'゚.:* パぁ~ン!と無数の星になってはじけとび 消えてしまったそうです.。.:*。.*#:・'゚.:*
 
彼女は彼に会えなくなって以来初めて 大きな声で泣きじゃくりました。
それが 17年越しの彼への彼女なりの供養だったのだと思います。
 
40歳を過ぎた彼女。『やっと人に話せるようになったのよ。^^ 』と..... 
たった一つ心残りは 太平洋のエメラルドグリーンに染まる秋の海を一緒に見れなかったことだそうです。
ようやく一歩踏み出す覚悟ができた彼女。どうか 素敵な出会いがありますように❤”
 
 
 
 
 

白石島

   

梅雨明け初日の土曜日はお天気快晴☀
先日外出中に 以前お仕事をさせていただいたお客様が事務所へ訪ねて来られました。
『白石島の別荘へ内装のお仕事で来ていただけるか確認しに参りました。』との伝言。
白石島は事務所から30分程車で走った笠岡港からフェリーへ乗り50分で到着する場所。
時間的には1時間20分もあれば島までは充分移動できます。そこから現場への移動15分。
問題はフェリー1隻のピストン運転。行きも帰りも1日4便しかありません。
そんな状況なのでお客様も気が引けたのでしょうか?
電話ではなく わざわざ事務所まで訪ねて来られたのだと思います^^
 
お客様のデータを調べると 9年前に自宅の内装工事とカーテンの取付をさせていただいていました。
不思議なもので 9年もお逢いしていないのに データを見た瞬間 相思相愛で明るいご夫婦の笑顔が
はっきりと頭へ浮かぶのです。 迷うことなく白石島へ行かせていただくことにしました☀
 
今日が打合わせ初日。寸法取りや 色・柄決めをする日です。
二度目の打合わせで 契約内容の全てが決まり、日程を詰めて行きます。
帰り際、"遠い場所まで来て頂いた"と何度も何度もお礼を言われ頭を下げられました。
こちらこそ、9年振りに思い出していただき本当にありがたいお話です。
お客様との打合わせは いつも楽しく終えるのですが
今日ほど楽しく賑やかな打合わせは久しぶりでした。ありがとうございます。
  
 
 
 siraishi1.jpg siraishi2.jpg
  
久しぶりにフェリーも良いものです。
快晴の今日は抜けるような青空と海の青。遥か向こうに霞んで見える四国山脈のコントラストが
梅雨明けの澄んだ空気に浮かび上がります。
 
 

 

 

 

6月の出来事 <☀/☁ 時々☂>

 
久しぶりのブログ更新。
仕事でもプライベートでも充実した時間が慌ただしく流れ過ぎ去ってゆきます。
6月も残すところ2日。残り2日で一年の半分が終わります。
今年は2011年の半分を振り返る時間もなさそうです。
これから始まる後半の半年…… しんみり考える時間が欲しかった * ̄へ ̄* ~
 
今月は特に人との出会いに恵まれた月でした。
ひょんな場所で地場では手広くされている会社の会長さんを紹介していただいたり
広告業界の社長さんや誰もが聞いたことのあるゲームソフトを開発された方を紹介していただいたり… 
今まで出会ったことのない異業種の方々とお話しする機会が多かったように思います。
どの方も日本の発展の為に頑張ってきた団塊の世代。
冗談交じりの会話中にも頭の中は仕事一色。
『トップは考えることが仕事ですから大変ですねぇ~。』と言うと
『え゛ッ!わかる? ワハハハハ~』と豪快に照れ笑い。
一番に盛り上がった会話は・・・
チャンスだと思ったらためらわず なにふりかまわずモノにできる方法を考えたということ。
それは物との出会い 人との出会い どちらも同じであるということ。
『土臭く生きてきた我々にはそのくらいの方法しか思い浮かばないんだよ!ワハハハハ~!』と
また豪快に笑って教えてくださいました。
 
5年振りに訪問したお客様T様宅。
電話でお話したり ブログにメントをいただいたりはしているのですが
お顔を拝見するのは久しぶりでした。
お客様宅へ遊びに来られていたお友達も8年振りらしく
『今日はおめでたい日ねぇ~』とT様。 間もなくお友達のK様が私に向って
『生粋の商売人ですねぇ~ とにかく運で生きていける人ですねぇ~!』と第一声。
それから20分ほど色んなことを言われました... 初対面なのにです!
『占いか物見のご商売をされているのですか?』と聞くと
『そんなことはしません。疲れるし 言ってもいい人間にしか言わない。』
とのこと。8年振りに遊びに来られたはずなのに私に言うだけ言って
『今日は帰るね。』とキッパリ言って帰って行きました。本当に不思議な方です。
T様いわく『みのりさんに会うために来たのかもね(笑;;)』とのこと。
K様に言われたことは 当たるも八卦当たらぬも八卦ということで
良いことだけ信じることにします…. でも悪いことは言われなかった気がします。
 
その他にも 東京出張や広島でのミュージカル ……
そうそう、私が今戦っているものは SONYのウォークマンでコリもせず
Canon EOSkiss X5 一眼デジタルカメラ!
沢山の機能を搭載しているのに取説嫌いな私は 変なボタン押さえながら
悪戦苦闘の日々を送っているのです… そのうち誰かが助けに来てくれることを信じて≧▽≦;;;
 
 
  
   Tcanon2.jpg Tcanon1.jpg
   *一眼レフフィルムのカメラに使っていたSIGMAのレンズを使いたくて
    デジタル一眼もCanonにしてみました! カッコイイ!?

 

 

 

 

微笑ましき光景 ~

 
毎朝8時10分前後にそのお宅の前を通過します。
恐らく70歳代のご主人と 60歳半ばの奥さま。
その時間がご主人の出勤時間で 必ず奥様が見送りに...... 
時にはご主人の黒い鞄を抱えて... 時には飼い犬を抱っこして...
時にはご主人のネクタイを整えながら会話を交わしています。
ご主人の履く革靴もピカピカに磨いてあり 奥様の愛情が感じられます。
雨の日も 風の日も 毎朝変わらず にこやかな奥さま。
 
天気の良い土曜日の午後☀ 
ランチをしに日傘をさし いつものお店に向うのに そのお宅の前を通過します。
ちょうど自宅の瓦のやりかえをしており
奥さまが顔を覆うように両手をかざし 目を細め 2階の屋根を眺めていました。
そのお宅へだいぶ近づいたころ 家の中からご主人が奥さまのもとへ..... 
日傘をひろげ そっと奥さまをかざすのです..... 何て微笑ましい光景。
 
長い人生 いろんなことがあったはずなのに~
紆余曲折の中に相思相愛.... 
人の支えになるというのは こういうことなのかと.....
このご夫婦を見るたび心が和やかになるのです。

 

 

   ran.jpg

❀❀❀ 4年越しの蘭の花 今年は4本立てで満開です ❀❀❀

 

 

 

 

~ 風 ~

 
東北関東大震災から一ケ月半。
何か釈然としないまま確実に時間だけは過ぎて行きます..... 
ブログの更新も一か月以上できないままでいました..... 
布人形の創作活動も針の進みの悪いこと.....  
特に童人形に関しては創ってはほどき創ってはほどきの繰り返し。
童人形のご注文を頂いているお客様には納得の人形を創りあげるまで待ってほしいと
お願いの電話を入れてしまう始末..... 多くの注文を残し手が止まったまま..... 
本当の意味でプロの創作家になるには程遠いと思い知らされた一ケ月半..... 
東北にお客様が多いせいか 今回の大震災は 私の中でかなりのダメージを受けてしまったらしいのです。
今 私の敵は気力。
 
先日 打ち合わせへ向かうのに高速道路を利用しました。
高速へ上がると20台以上の自衛隊の車列へ割り込むかたちになってしまいました。
前を走る車を見ると災害派遣車輛と書いてあります。
九州方面へ向かう車 きっとこの車に乗り込む自衛隊員は東北からの帰りに違いない。
そう思うと 感謝の気持ちで胸が熱くなります。
電話をかけるのにパーキングに入ると そこにも自衛隊の車輛が30台近くとまっていました。
同じように災害派遣車輛と書いてあります。
近くを歩く自衛隊の方に 『すみません 東北へ行かれたのですか?』 と尋ねると
足を止め丁寧にこちらに向き直し 『はい、行ってまいりました。』 と静かに答えてくださいました。
真直ぐな視線の奥には 哀しさと... やるせなさと .....
それ以上何も聞けず 『そうですか、お疲れ様でした。』 と深々と頭を下げることしかできませんでした。
 
東北のお客様とはお逢いしたことはなく布人形ご注文時に1.2回電話で話すだけ。
だからこそ その時の会話には全神経を傾けます。
布人形をご注文頂くお客様のほとんどは50歳代から上の方で中には80歳を超えるお客様もいらっしゃいます。
昔を懐かしんでご注文される方、最愛の方を亡くされ 布人形の風貌が元気だった頃の二人に似ていると
ご注文される方、仲良し夫婦の願望でご注文される方.... 
ご注文の時には ご注文される方の数だけ 人生をお聞きすることができます。
振り返ると みの里の布人形でお客様を喜ばせたり 励ましたりしているのではなく
お客様から喜ばせていただいたり 励まされたりしているのかもしれません.......... 
 
今までも東北や関東のお客様から 人形創作の参考にと 人形作家さんの写真集が何度か送られてきたことがあります。
地震直後にも地元のお客様より絵手紙と人形の写真集が送られてきました。本当にありがたいことです。
 
 
 azemichinouta.jpg  kusanomichi.jpg  ningyougeijyutnosekai.jpg
       ~ いろんな思いを込めて おくっていただいた人形作家さんの写真集 ~ 
 
 
インテリアのお仕事でも 十年来お付き合いさせていただいているお客様が 6月大阪へ
引っ越されます。『みのりさんにカーテンを選んでもらいたいから採寸方法を教えて。』
とわざわざ電話をくださるのです。泣けてくるくらい嬉しいお話です。
 
私は 今まで出会ったお客様にどれだけのことをしてこれたでしょう?
思い返せば 思い返すほど お客様から力をもらっている事ばかりです。
 
落ち込んでばかりはいられません。
普通の暮らしをしながら 普通に働きながら 布人形の創作もインテリアのお仕事も
良いものを創り出して行かなくてはいけません。
そして叶うことなら 今度はお客様を勇気づけたり 喜ばせる立場になれたらいいな と思います。
 
 
 
    2011042010140000.jpg  2011042010460000 (1).jpg  2011042119140000.jpg
  
 
 
       ~ 今 コブクロの ~風~ という曲に励まされながら
     人形創作にとりかかっています。~
 
 

針の穴・・・ 今私たちにできること 

 
3月11日金曜日。大変な地震と津波がありました。東北関東大震災。
たまたま前夜は寝付けず不眠のまま出社
何だかとても重たいものを背負ったような感覚で打ち合わせに出発しました。
打ち合わせ終了13時。打ち合わせ先の社長さんに
『今日宮崎へ向かうのですが何となく戻れない気がします。
何かあったときにはよろしくお願いします。』と、お願いをし帰社しました。
今思えば迷惑な話です。なぜそんなことを言ってしまったのか 申し訳なく思います。
 
気がすすまないまま14時45分発の電車へ乗り 宮崎行きの日豊本線へ乗り換えました。
ローカル線ということもあり車内放送がはっきり聞き取れません。
津波警告のため杵築駅で運転が終了することだけはわかりました… 杵築駅で1時間少々待ったでしょうか? 
臨時バスで別府駅へ向かう車内ではじめて大地震のことを知ったのです。
最初に飛び込んできたのは大津波の映像。一瞬映画のCGだと....... 表現が悪いのですが
内臓を一掴みずつつかまれるような感覚で短時間でしたが過呼吸に陥りました。
 
バス車内で、関東の友人 会社関係の方々の安否をメールにて確認。
皆無事との知らせに一安心 本当に何よりの知らせです。
その日は電車もバスも全線ストップで別府へ一泊することになりました。
 
次の日も電車は全線ストップ。高速バスもチケットのキャンセル待ちが百人近くいるとの情報に
別府へもう一泊することを覚悟していましたが、最後に足掻いてみよと13時過ぎ バスセンターへ直接行き
本日中にどうしても帰りたいことを告げると 20分後「小倉行きのキャンセルが一席出ました」との連絡。
安心したのか別府駅~小倉駅までの約3時間 バスの車内では熟睡でした。(*ˇˇ*)zzz
 
東北は今壊滅的な状態になっています。まるで戦後のような景色です。
遠く離れた中国地方に住む私たちに何ができるでしょう…
地震・台風・浸水など災害の多い宮崎に育った私は 東北の壊滅的なあの映像を見るたびに
どうしても どうしても他人事ととは思えないのです。
 
とりあえず節電。会社でも説明しエアコンの使用を控えるようにしています。
小さな会社での節電。きっと針の穴にも満たないほどの協力でしかありませんが
私たちのような想いの人はたくさんいると思います。
針の穴でも 100の穴 1000の穴 10000の穴がまとまれば 大きな穴になるはずです。
今自分たちにできること... 精一杯やっていけたらいいなと思います。
 
被災された皆様には 心よりお見舞い申し上げます。  
  
 
 
 

ジングルベル と 恒例のお仕事

 
今日から12月 師走の月。
街にはジングルベルの音楽とキラキラ輝くクリスマスツリー '゚。.*#:・'゚.:* ゚。.*#:・'゚.:*
間もなく定番の「恋人たちのクリスマス」が流れはじめる。
この時期になると 神戸ルミナリエを懐かしく思い出す。
数十万個の光のオブジェ。.*#:・'゚.:* 長い距離ではないけれど
見ごたえ充分で言葉にできないほど美しい。.*#:・'゚.:*
満員電車のような人ごみ覚悟で 今年は久しぶりに行ってみようかなぁ~?..........?
満員電車のような人ごみ .......... 覚悟できないかもしれません。~ ̄▽ ̄~
 
我が家のクリスマスソングの定番はジングルベルの曲にあわせて
.:♪*:・'゚♭ジングルベル.:*・♪'゚。.*ジングルベル#:・'゚.:*♪:・'.クリス~マス~:♪*:・'゚♭
と最初から最後までこのフレーズ一つで歌うのです。何故でしょう ???
そういえば 一度も不思議に感じたことがありませんでした。
 
    tree.jpg
   * 我が家のクリスマスツリー ☆
    間もなく腰ふりふりサンタも登場します!
 
 
 
12月になると毎年恒例のお仕事があります。
スケジュール帳作り。自分のも含めると全部で4冊。
このスケジュール帳作り 何年続けているのでしょう??? 6年目? 7年目?
オーダーされる方それぞれの大きさで はじめは7冊作っていました。
転勤されたり 定年されたりで 現在は4冊。
イージーオーダーではなく フルオーダーのスケジュール帳 使いやすいと好評 ? です。≧▽≦
 
   2011SCHEDULE.jpg
    * 今年は少しはやめに完成間近!

 

 

 

秋 ひと時の喜びと くつろぎと

 
10月から以降 嬉しいことに老人施設や病院などから布人形のご注文をいただきます。
ご注文を受けた順番に 創作しては発送、創作しては発送 …
昨日ようやく11月上旬受付分までの最後の布人形8setを発送・納品することができました。
明日からは10日以降受付分の創作が始まります。
 
時折、創作の途中 嬉しいお客様の声を聞くことができます。
お礼の電話や布人形の感想、ハガキに綴った喜びの声。
時にはこんな人形を作ってほしいと 布人形の提案をしてくださいます。
私にとっては とてもありがたく嬉しい お客様の声。
 
先日もリピートのお客様よりご注文が入りました。
直接お会いしたことはありませんが メールでのやり取りをしているうちに
とても優しく ご家族にもお友達にも思いやりのある紳士な方である印象を受けました。
親友への新築のお祝いに みの里の布人形を随分吟味したことも
メールの細やかな内容でしくしくと伝わってきます。
数日前にお祝いの布人形の発送を終え いつものように創作していると
少し大きめの封書が届き 開封してみると
差出人はその方からで 中にはお礼の手紙とカレンダーが同封されていました。
お客様からの 手紙やメールを『お客様の声』以外でご紹介するのは始めてのことです。
創作に携わる私たちは 時折いただくお客様からの手紙やメールが一番の励みになるのです。
 
      2010hagaki1-1.jpg  
*人形作家 辻村寿三郎さんの葉書だと思います。お礼と激励の言葉が綴られていました。
 なかなか入手できない人形作家 与勇輝さんのカレンダーが同封されていました。
               TKさまお心遣いを本当にありがとうございました。^^
 
  ..:*°..:*°☆    ..:*°..:*°..:*°..:*°☆    ..:*°..:*° 
  
 
日曜日 静かな世界に浸りたくなり紅葉の名所でも 観光地でもない山林へ足を伸ばした。
数百メートルおきに点々と民家があるような静かな場所。
ちょうど紅葉の季節ということもあり山々の木々たちはそれぞれが個性豊かに色づいている。
山道を進むと数人のご老人とすれ違い 静かに挨拶を交わす。
一歩踏み出すごとに足元で鳴る木々を踏みしめる音も
どこか遠くで鳴るパキ~ンという怪奇な音も 大自然の中ではどれも融合してしまう。
 
慣れないカメラとデジタルカメラ。フィルム36枚撮り2本とデジタルカメラ42枚。
これだけ撮影して 妥協して見れる写真たったの3枚。
静寂の中 マイナスイオンをたっぷり浴びながらの撮影は 日常を離れ無心になれる。
名所でなくても 大自然が私にとってのパワースポット くつろぎのひと時なのでした。
 
2010kouyou2.jpg 2010kouyou3.jpg 2010kouyou1.jpg
 
 
 
 

 

大収穫の秋 (。≧◡≦。)

 
今年もようやく新米の美味しい季節となりました。
昨年に引き続き 新米二俵到着!
いつも美味しいお米をありがとうございます。
実は少し前にもう一俵^^今年は三俵のお米が届きました。
最初の一俵は友人宅で収穫したお米。一俵は実家の宮崎米。
一俵は職人さん宅で収穫した寿司米。
同じお米でもそれぞれ個性豊かで お米の大きさも 風味も 歯ごたえも全く違うのです。
 
故郷宮崎の田植えは4月中旬から始まります。
福山の田植えはGWすぎからボチボチ始まるような?...... 少し遅い印象があります。
地域により異なるかもしれませんが お米には7人の神様が宿っているのご存知ですか ^^?
陽の神・雨の神・風の神・山の神・水の神・大地の神・愛情の神(多分これはお百姓さんのこと)。
小さい頃そんなふうに教えられ お米を残すとバチがあたるよ!と言われていました。
本当なのかは確かめようがありませんが 
風雨にさらされ大自然と闘 いながら 手塩に かけて半年も育て上げた一粒には
確かに何かが宿っているように思えるのです。
今年は念願だった自宅用精米機を購入!
これで心置きなく精米したての 美味しいお米を食べることができます。
7人の神様 美味しくいただきまぁ~す。**もぐもぐ
 
  miyazakimai.jpg  2010kome.jpg susimai.jpg    seimaiki.jpg
        * 宮崎米 と 寿司米               * 凛々しく佇む精米機 (≧◡≦)
 
そして もう一つの収穫。
清々しかった日曜日の午後 倉敷へ...... ひょっこり入った画廊で
この絵に一目ぼれしたのです。私にとっては大枚はたいての購入。
でも、この絵を見た友人たちには
「え~ッ!そんなにするのぉ~。美味しいもの食べたほうがいいのにぃ~!」
と悲鳴に近い声で言われてしまいました。(p><q)。。。芸術がわかってないなぁ~!
「いいねぇ~」って言ってくれたのはたった一人...... それも仕方なく......~(=^^)
そうですかねぇ~。素晴らしくgoodな絵だと思うのですが
 
     hebon gaku.jpg
・大きさは W1100xH700 くらいでしょうか?
 どうでしょう~☆”ステキな絵だと思いませんか!? (ˇˇ♥)
 
最後に...... 10月の末にプレゼントしていただいたカサブランカ
ようやく大部分が花びらをひろげてくれました。
このカサブランカ”♡” 時々お世話になっているブティックの店長さんからのプレゼント!
写真は2日程前のもので今は蕾もなく満開です (ˇˇ♥)
お花のプレゼント 女性にとっては何よりの贈り物です (*ˇˇ*)ありがとうございました。
   
  kasaburanka2.jpg kasaburanka1.jpg
* 我が家の玄関ホールで咲き誇るカサブランカ 毎日香りとともにお出迎えです..:*°
 
  
~ ブティックのご紹介 ~
 ☆.。.:*・°キラリ.。.:*・°センスのひかるブティックです。.。.:*・°
是非 遊びに行ってくださいねッ! http://www.potechino.jp/
 

 

 

 

ほしい服 ♬ 似合う服 (♡ˇ◡ˇ♥)♡

 
先日 秋物のセットアップが欲しくなり久しぶりにブティックへ行きました。
店員さんはオシャレなメンズ。いつも担当してくれる店員さんはお休みとのことでした。
アレコレ商品を見ているうちに会話も弾み数点のセットアップを試着することに。
まずはジャケットから・・・・ ん~!どれも肩の部分がきつい~✪〜(✬∀✬)〜✪
「今時のジャケットは細身ですからねぇ~」 .....
とオシャレなメンズに慰められながらの試着。(。≧へ≦。)。
いいんです、いいんです。 わかってるんです。
 
22歳まで私のセットアップスーツは全て母が仕立てたものでした。
縫製のたびに毎回行われる採寸。生地選び。裁断。仮縫い最低2回。
本縫い。調整。仕上げ。
3組のセットアップスーツが出来上がるまでの期間半年。
東京で働いていた為 夏物はお正月帰省時 冬物はお盆帰省時に採寸が行われるのです。
ある意味、オートクチュール。≧▽≦
採寸のたびに言われていたのが 
「あなたの身長から言うと平均より1.5cm肩幅が広いのよねぇ~(笑;;;;;)」
 
当時は何気なくしていた会話が今回の試着でまざまざと甦るのです。 ̄o ̄トホッ!
結局そのお店でのお買い物は諦めオシャレなメンズとの会話に徹することにしました。
いつしかインタビュー形式で
「最近のファッションの動向は?」との質問にオシャレなメンズは目をキラキラ輝かせ
「お客様に話すのもオカシイのですが、日本人は流行に流されやすく、似合わない服を着ている方が多い。
いいものを身につけていても似合わないから金額相当に見えない。
安価なものを身につけていても似合えば何十倍もの金額に見えるのに、
流行を追いすぎるあまりほしい服と似合う服 を見分けることができない.........
                        つづく ..... つづく ..... つづく .....。」
オシャレなメンズの話しを聞きながら、しっかりとした考え方を持った方に出会えたことが
何故か嬉しく感じるのでした。
帰り際にわかったことですが、オシャレなメンズくんは関東から出張で福山へ。
普段はアパレルバイヤーをやっているとのことでした。
 
           ほしい服と 似合う服。 同感です。
     どことなく人生にも通ずるような ....... そんな感じもするのです。
 
 
   

kutu2010natu.jpg bag2010.jpg

♡ 先日久しぶりにびっくりするくらい大きな荷物が実家から届きました。
荷物の一部に 70歳になる母からの贈り物”♡” 
彼女のセンスには時々驚かされることがあります。