針の穴・・・ 今私たちにできること 

 
3月11日金曜日。大変な地震と津波がありました。東北関東大震災。
たまたま前夜は寝付けず不眠のまま出社
何だかとても重たいものを背負ったような感覚で打ち合わせに出発しました。
打ち合わせ終了13時。打ち合わせ先の社長さんに
『今日宮崎へ向かうのですが何となく戻れない気がします。
何かあったときにはよろしくお願いします。』と、お願いをし帰社しました。
今思えば迷惑な話です。なぜそんなことを言ってしまったのか 申し訳なく思います。
 
気がすすまないまま14時45分発の電車へ乗り 宮崎行きの日豊本線へ乗り換えました。
ローカル線ということもあり車内放送がはっきり聞き取れません。
津波警告のため杵築駅で運転が終了することだけはわかりました… 杵築駅で1時間少々待ったでしょうか? 
臨時バスで別府駅へ向かう車内ではじめて大地震のことを知ったのです。
最初に飛び込んできたのは大津波の映像。一瞬映画のCGだと....... 表現が悪いのですが
内臓を一掴みずつつかまれるような感覚で短時間でしたが過呼吸に陥りました。
 
バス車内で、関東の友人 会社関係の方々の安否をメールにて確認。
皆無事との知らせに一安心 本当に何よりの知らせです。
その日は電車もバスも全線ストップで別府へ一泊することになりました。
 
次の日も電車は全線ストップ。高速バスもチケットのキャンセル待ちが百人近くいるとの情報に
別府へもう一泊することを覚悟していましたが、最後に足掻いてみよと13時過ぎ バスセンターへ直接行き
本日中にどうしても帰りたいことを告げると 20分後「小倉行きのキャンセルが一席出ました」との連絡。
安心したのか別府駅~小倉駅までの約3時間 バスの車内では熟睡でした。(*ˇˇ*)zzz
 
東北は今壊滅的な状態になっています。まるで戦後のような景色です。
遠く離れた中国地方に住む私たちに何ができるでしょう…
地震・台風・浸水など災害の多い宮崎に育った私は 東北の壊滅的なあの映像を見るたびに
どうしても どうしても他人事ととは思えないのです。
 
とりあえず節電。会社でも説明しエアコンの使用を控えるようにしています。
小さな会社での節電。きっと針の穴にも満たないほどの協力でしかありませんが
私たちのような想いの人はたくさんいると思います。
針の穴でも 100の穴 1000の穴 10000の穴がまとまれば 大きな穴になるはずです。
今自分たちにできること... 精一杯やっていけたらいいなと思います。
 
被災された皆様には 心よりお見舞い申し上げます。  
  
 
 
 

コメント(19)

しんや | | 返信

この先どうなるのか分からないような悲惨な状況は未だ続いていますが・・・
でも日本中が団結しているようにも感じます。

一日も早く復興して、素晴らしい日本になる気がします^^

| | 返信

先の見えない出来事、
針の穴でも 100の穴 1000の穴 10000の穴がまとまれば 大きな穴。
その通りだと思います。
一人ひとりができることは小さなことだと思いますが、集結すれば素晴らしい日本に生まれ変わると思います。
  

留美子 | | 返信

いつまでつづくんでしょうね?
静岡でも震度6強の地震がありましたね。
このまま連鎖で日本は崩れていくの?とても不安です。
こんなこと、二度とおこってほしくない。
早く平常に戻ってほしい・・日に日に不安がつのります。
  

月うさぎ | | 返信

日本は本当に大変な事態です。
せめて西日本の人たちが元気で応援してあげることが東日本の人たちの活力になってくれることを信じたい。
別府一泊御疲れさまでした。minoriさんも困ってたと思うのに知り合いの人たちのことまで、、、私はなかなかできないと思います。
  

たんぽぽ | | 返信

いつもウサギと一緒に失礼します。
我々ができること、我々にしかできないこと、
国民一人ひとりが同じ思いであれば未来は、必ず明るくやってきます。
頑張ってほしいです。私も東北の映像を見るたびむねが熱くなる。
  

+Y | | 返信

今まで培ってきたものが一瞬にして消えてしまう恐怖は想像を絶するものがあると思います。
でも我々日本人の国民性は海外でも感嘆されているようです。皆さん、何かの力になりたいと思っています。針の穴を大きくしていきましょう!
  

みの里からしんやへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)しんや さま
国民性が心豊で良かったです。
今回の大地震の対応を見て世界中で言われています。
『日本人って素晴らしい』と... 日本に生まれ育って誇りに思います。
がんばれ! にっぽん!
  

みの里からへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡) Kさま
きっと 絶対 素晴らしい日本に生まれ変わります。
それだけが 今の願いです。
  

みの里から留美子への返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)留美子さま
こんにちは。悪いことはそう長くは続きません。
大変な事態に陥ると 日常がどんなに幸せだったかが良くわかります。
それを知っているから人間は必死になれるのだと思います。
きっと思ったよりも早いうちに日本は復興します。
心豊かで繊細な日本人だもの!
  

みの里から月うさぎへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)月うさぎさま
大地震や大津波・原発まで・・・ 本当に大変な事態です。
復興のお手伝いはどんな形でもできると思いますが
今を耐え抜くことは 被災された方にしかできないこと。何も手出しできません。
それを思うと 人間って無力だなぁ~とつくずく思います。
  

みの里からたんぽぽへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)たんぽぽさま
いつもありがとうございます。
小っちゃな国ですが 国民性が心豊かであるというだけで救われます。
東京では帰宅難民の人たちに ホームレスの方が『寒いでしょう。これを使いなさい』と
段ボールをどこからかたくさん集めてきてくれたそうです。
歩いて帰宅途中『トイレ解放します』と大きな紙に書きそれを掲げ
お婆ちゃんが道端に立っていたそうです。
パン屋さんがお店の前で歩いて帰る人々に 無償でパンを配っていたそうです。

明るい未来・・・ やって来ないはずがありません。必ずやってきます!
  

みの里から+Yへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡) +Yさま
本当です。何かの力になりたい... 
同じ思いの人はたくさんいると信じています。
針の穴が少しでも大きくなりますように!
    
  
  
  

✿✿✿ minori 山本里実 ✿✿✿ | | 返信

ブログにコメントを寄せてくださる
  仙台のテディさん ご無事でしょうか?
人形作家さんの本を送ってくださった
  秋田のお爺ちゃん 不自由していませんか?
みの里の布人形が大好きと言ってくれた
  東京新宿の小学生の女の子 怖い思いはしていませんか?
東北・関東の皆様
 私たちが想像する以上に大変で恐怖だと思います。
 どうか心を強く乗り越えてください。
 そして近い将来 展示会などで皆様に再会できることを楽しみにしています。
    
 
  
  
  

花桜 | | 返信

目をおおうような大惨事に胸がしめつけられます。
せめてものご支援をと昨日赤十字社へ義援金を申し込んで参りました。
惨事続きの東北、神様は存在しないのでしょうか。みの里様も各地へお知り合いがいらっしゃるのでご心配だと思います。
くれぐれもお身体を大事にお過ごしください。
  

みの里から花桜への返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)花桜さま
昔から思うこと・・・神が存在するとするならば それは大自然 あるいは自分の心。
早朝からのコメントありがとうございます。
今回の大地震と大津波は地球からのメッセージかもしれません。
今度は私たち人間が心をもってこれを解決していかなければならないように思います。
ほんのわずかですが義援金を申し込んできました。
これもまた人の心をもって 針の穴を大きくしていけることを願っています。
  

Kazu.m | | 返信

生きるために必死でがんばってる、、、
テレビを見て今まで何でもないことがとても幸せだったことに気づく、、、
平穏に戻っても、、、忘れたくないと思う、、、
針の穴に賛同したい、、、自分にできること一生懸命考えてみます、、、
  

みの里からKazu.mへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)Kazu.mさま
皆 生きるために必死です・・・・・ 被災地の方々は今を生きるのにもっと必死です。
こうして日常を生きていけるということは 何物にもかえがたい幸せだと思います。
まだまだ全域には至らないようですが 少しずつ物資が送り込まれています。
これもお1人お1人 心の結束の経過だと思います。
せめて暖かい場所で過ごせますように、温かい食べ物を口にできますように と
願うばかりです。
  

つぐみ | | 返信

先日の高校野球の選手宣誓感動した。これから日本を背負う若者たち、たのもしいと思った。あなたが強く願うように一人ひとりの気持が東北にむかってるような気がする。日本が一つになってるような気がする。針の穴は今ではとてつもなく大きくなってる気がする。日本の国民性は素晴らしいと思った。
  

みの里からつぐみへの返信 | | 返信

…φ(♡ˇ◡ˇ♡)つぐみさま
寒の戻り 空からハラハラと舞い降りる戻り雪。
大自然は春の訪れを待ちわびる人の思いを裏切ります。
それでも確実に.... 少しずつ..... 春は近づいている....

平穏な日々だと この寒い戻り雪も情緒を感じることができるのでしょうが
寒さで凍える東北の人々を思うと 大自然のいたずらに時折腹立たしささえ覚えます。

厳しい現実の中 先日開幕した高校選抜の球児たちは負けていない。
しっかりと今の現実を自分の目でとらえ 復興に心を燃やしている。
被災地の子供たち、被災地の人々を心から応援する子供たちの未来は必ず明るくやってくると信じたい。
今大人たちにできること 心を強く復興に執念を燃やそう!
  

コメントする